マンション1棟買いで資産を増やす~ドンドン投資で収益UP~

House

マンション投資の種類

マンション投資の失敗のリスクがこちらに掲載されています。マンションの投資をお考えの方は、一度目を通してみてください。

マンション投資のメリット

不動産

資産を増やすために行うことが投資になります。投資といってもいくつかの種類があり、その中でも安定しているのが不動産投資です。不動産投資はミドルリスクミドルリターンと呼ばれ一定の資金が必要ですが、手堅く利益を得ることができるメリットがあります。不動産投資といっても種類があり、そのひとつがアパートやマンションへの投資になります。アパートもマンションも賃貸として貸し出されているものであり、その家賃収入から利益を得るというものです。アパートはコストが安いものの比例して利益も少ないものですが、マンションであればコストが高いものの比例して利益も大きくなります。またマンションの場合には鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造であるため寿命も長いというメリットがあります。

注意すべきポイントは

マンション投資といってもおおまかに2つあり、一部屋を購入する区分投資と1棟まるごと購入するマンション1棟買いです。区分投資のメリットは投資する金額が少ないものの得られる利益も少なめです。また多くは分譲マンションの一室を購入して賃貸として貸し出すため管理が煩雑になります。一方でマンション1棟買いの場合には賃貸マンションとして利用されているマンションすべてを購入するため区分投資よりも、管理がしやすいメリットがあります。またマンション1棟買いであれば管理会社に管理を一任しても、まとめて管理されるのでコストが低めです。ただしマンション1棟買いの場合には投資する金額が大きく、さらに入居者が思うように集まらないといったリスクがあるので建物や立地などを十分に精査する必要があります。

マンションを経営をする

不動産

マンション経営は長い眼で見る必要があります。長い間の投資になりますから、ギリギリの状態の人がやるようなことではなく、それなりに余裕がある人にお勧めで着ます。立地が良いところにして、安定した借り手が見つかるマンションにすることです。

Read More...

投資としての賃貸の経営

貯金箱

賃貸経営はインフレ対策にもなります。つまりは、家賃収入になるわけですから、インフレにも対応できます。お金も融資を受けることが比較的容易です。家賃収入はありますから、そこから返済していけばよいわけです。

Read More...

手付かずの土地の活用例

貯金箱

不動産賃貸におけるサブリースとは、不動産会社による一括借上です。賃貸マンション、賃貸アパートを建てる土地はあるけれでも、経営をするのは難しいと考える人には良い方法です。空室の有無にかかわらず、不動産会社からの賃料は一定額支払われます。但し、賃料の見直しは短期間で行われますので、注意が必要です。

Read More...