マンション1棟買いで資産を増やす~ドンドン投資で収益UP~

House

手付かずの土地の活用例

経営にはノータッチ

貯金箱

サブリースとは、借主が第三者に貸すこと、つまり又貸しのことです。サブリースは、不動産賃貸においても行われています。ただ、不動産賃貸においては、主としてマンションやアパート等の集合住宅を、丸々1棟借り上げることをサブリースと言います。この場合、貸主が個人で借主が不動産会社です。そして、不動産会社が個人に又貸しすることとなります。サブリースは、不動産投資の一例です。土地を所有していても、その土地を放置していたら維持費ばかりかかってしまいます。それは無駄な出費ですから、その土地で収益があがるようなことをした方が良いでしょう。土地で収益をあげる方法の1つに、マンションやアパートを建設して、賃貸マンション、賃貸アパート経営をするという方法があります。ただ、素人が賃貸マンション、賃貸アパートを上手に経営をするということは、非常に難しいことです。そこで、サブリースが効力を発揮します。ノウハウが豊富な不動産会社に一切の経営を任せるために、丸々1棟貸してしまいます。自らはオーナーとして、不動産会社から賃料を受け取るだけとなります。

賃料の見直し

オーナーが不動産会社から受け取る賃料は、一定です。仮に空室が多くて、不動産会社が不利益を被ったとしても、その不利益はオーナーに及ぶことはないのです。但し、永久に一定の賃料を受け取れるわけではないのです。新築のマンション、アパートであっても、時が経てば当然、新築ではなくなります。つまり、新築という価値はなくなりますから、家賃を下げざるを得ない状況が往々にしてあります。家賃を下げたにもかかわらず、新築時と同じ賃料をオーナーに不動産会社が支払っていたら、不動産会社は損をしてしまいます。従って、賃料の見直しが定期的に行われます。そして現在、場所によっては借主が見つからずに空室が多く、家賃の下落を急激に行わなければならないところもあります。ですから、賃料の見直しは、短期間で行われることが多くなっています。従って、先々まで見据えた上で、サブリースを行う必要があると言えます。