マンション1棟買いで資産を増やす~ドンドン投資で収益UP~

House

投資としての賃貸の経営

インフレに強いです

貯金箱

投資をする理由の一つが価値にあります。つまりは、現金で持っていてもリスクがあるからです。それがインフレです。賃貸経営はインフレに強い特性を持っています。将来的に物価が上昇しても家賃を上げればよいだけの話であるからです。仮に貨幣価値が下がってしまったとしても十分に対応することができる財産であるといえます。その為、インフレ対策としても使うことができるわけです。賃貸経営では家賃収入が入ってくることになります。これは私的な年金としての効果もあり、今後の高齢化社会では期待されています。そのくらいのことは個人で備えることをしておいたほうがよいわけです。賃貸経営は人生に非常にメリットがある行為であると言えます。

少ない資金からでも

まず、そもそも不動産を購入することになかなか高いハードルがあります。持ち家を購入することにも四苦八苦しているのが多いからです。それは個人の収入ですから、仕方ないことではありますが、賃貸物件と言うのは意外と少ない資金からでも始めることができます。賃貸物件と言えば、マンションやアパートであるわけですが、マンションを一棟造ろうとする場合はともかくとして、小規模なアパートであれば、比較的安くて済みます。そして、当たり前ですが、常金融機関の融資を受けて購入するわけですから、初期投資額はそんなに極端に高くはないいです。また、賃貸オーナーは家賃収入を得られます。そこから、ローンを返済していけるので、上手く軌道に乗れば、賃貸経営の為の物件購入は、十分可能になります。